あけのほし幼稚園

園の概要

イラスト当園はカトリック・クラレチアン宣教会によって設立されました。

クラレチアン宣教会は、1849年にスペインのバルセロナでキリスト教を伝えるために創立されたカトリックの中の団体です。

現在クラレチアン宣教会には3000人余りのメンバーがいて62ヶ国で活動しています。 日本に来たのは1951年でした。

幼稚園のあゆみ

あけのほし幼稚園は、キリスト教のカトリック・クラレチアン宣教会によって1954年に設立されました。1979年に現在の園舎が完成され、 2000年3月に宗教法人から学校法人に変わり、大阪府枚方市のうみのほし幼稚園と同一法人の「クラレット学院」に名称が改められました。

最初に卒園した方のおお孫さんがすでに卒業して、何世代までいけるのかと楽しみにしています。

教育目標

基本理念は、キリスト教の精神に基づいています。

個性の尊重
イラスト一人ひとりがかけがえのないユニークな存在であり、その価値ははかりしれません。一人ひとりの命とその可能性を信じ、大切にしています。そのために、先生が 一人ひとりをありのままに受けとめ、ゆとりをもって子どもの心に寄りそって保育を進めていきます。生きる力につながるように。
心の教育
イラスト人間としての総合的な成長を支える心を育てる教育。知識や様々な学びの受け皿となる一人ひとりの人格を安定した形で育てようとしています。自分に自信をも ち、感性豊かな子どもを目指します。すべてにおいて一つ一つのステップを大切にしながら、年齢(成長段階)に合った保育を考えます。又、神様がいつも見守 り、導いてくださっていることに気づくようにします。
人間関係
人との関わりを大切にする教育。遊びの中で社会のルールを身に付けて生きます。みんなの中で自分にできることを見つけだし、みんなの中で生かされていること が喜びとなるような体験を重ねていきます。自分より小さい友だちに優しく接するうちにたくましさと思いやりが育ちます。

毎日の保育の中で特に力を入れていること

異年齢とのかかわり
園外保育や行事の取り組みの中で同年齢だけでは得られない社会性が育つ。思いやりやあこがれの心を持つ。
遊びと体験
園生活していく中で身近な事象や動植物に直接触れ、考えたり、調べたりしながら、理解しその大切さに気づいていく。又、室内のコーナー遊びなどにおいても、 遊びを自ら選び、準備から片付けまで責任を持ってできるようになる。のびのびした雰囲気の中で成長する喜びを肌で感じとっていきます。
表現力
リズム遊びや歌、絵画製作、運動などを通して考えていることや感じていることを現わす。
宗教
情操教育の一環として祈りや聖書の話などで善悪の判断を学びより豊かな心を育てる。

△PageTop