認定こども園 あけのほし幼稚園|学校法人クラレット学院(大阪府大阪市旭区)

認定こども園 あけのほし幼稚園|学校法人クラレット学院(大阪府大阪市旭区)

トピックス

2歳児クラス

2023.04.14

あけのほし幼稚園の一番小さい園児たちです。言葉は少しだけ増えてきてもまだ会話できません。でも、お互いに慣れてきて安心して関わろうとしています。園庭の遊具で安全な遊び方を学んで楽しんでいます。
部屋の中の方が居心地はよくて好きな遊びを選びながら過ごしています。簡単なブロックの組み立てをしたり、シールを貼ったりしています。部屋の中でも運動しています。給食の時間になりますと、お腹すいているでしょうか、ほとんど完食です。
新しい世界に入って間もないですが、いくつもの新発見ができています。毎日楽しみです。

元気ですよ!

2023.04.11

2歳児クラスは2週目に入りました。まだ保護者から離れる際泣く子はいますが、少しぐらい遊べるようになってきました。
年少の子どもにとって今日は初めての普通保育日でした。とは言っても、まだ午前保育なのであっという間にお帰りの時間になります。まだ分かっていないからなのか今日泣く子は少なかったように思います。荷物の片づけやトイレなどだけでほとんどの時間を使ってしまいますが、まだ絵本の読み聞かせや、簡単な手遊びなどできました。
帰りの準備を済ませた後、年長の友だちがやってきてバスに乗るまでの部屋や、2号児の午後の部屋等に一対一で手をつないで連れてくれます。
とりあえず、一日目が無事に終わりました。明日も来てくださいね。先生たちが待っています。

入園式・始園式

2023.04.10

今日は、3名の入園式と進級式が行われました。
子どもたちは、びっくりするぐらいしっかりしていて、大きくなったなと思いました。
今日から、子どもたちを始め、保護者の皆さんと全職員、力を合わせて子どもたちの成長を手伝い、喜びたい毎日になるようにしたいと思います。

年長の先生
年中の先生

ご入園おめでとうございます!

2023.04.03

今日からたくさんの友だちがあけのほし幼稚園の園児になりました。保護者と手をつないで園の中に入る姿はとても可愛かったです。
短い入園式には園長先生の話と先生たちの紹介がありました。その後、各クラスに移動し、他人の先生の説明がありました。
平日にもかかわらず、たくさんのお父さんが参加してくださって子どもたちは嬉しかったと思います。
これからは、焦らずに、一日一日を大切にしながら一人ひとりの子どもの成長の手助けができるようにします。楽しみです。

終園式

2023.03.17

卒園式に引き続き今日は、二つのグループに分けての終園式が行われました。
子どもたちが、ニコニコ顔で、しっかりした姿勢で参加できたことが、入園時と比べたら大きくなったことを見せてくれました。
「今度は○○組にしてください」と最近頼みに来る子どもたちが多いです。「どうしてそのクラスがいいですか」と聞いたら、「○○色が好きだから」とか、「○○先生がいいから」と期待を込めて考えているようです。叶えられるといいですね。
明日からの休み中いっぱい遊んでほしいと思います。
保護者の皆さん、一年間支えてくださって感謝します。
 

卒園式・巣立ち

2023.03.15

ご卒園おめでとうございます。
思い出いっぱい心に込めての卒園式が行われました。
4年間の子ども、3年と2年の子ども。お母さんから離れられない入園当時から考えれば、それぞれの課題とぶつかりながら、著しい成長を成し遂げた子どもたちです。
園に残る友だちや職員は寂しいですが、新しい出発になればと願っています。
これからの更なる成長を祈ります。
保護者の皆さん、心から感謝しています。

成長のありがとう 年少

2023.03.14

3月13日(月)。年少としての最後のお御聖堂訪問。
1年を振り返り、嬉しかったこと、頑張れたことなど、皆で考えて話し合いました。「お友だちができた」、「完食ができるようになった」、「お手伝いができるようになった」と、たくさん出ましたことも成長の一つ。また、お御聖堂で落ちづいて過ごせるようになったなと感じました。
いろんな意味で子どもたちの成長を感じた御聖堂訪問でした。

こっそり大根

2023.03.14

今朝、登園時間が終わる少し前に、年長の何人かは門に立っていた私にとても誇らしげな顔で近づいてきて、「園長先生見て」と言って小さな大根を見せてくれました。
今頃、この大根はどうしたんだろうと不思議な気持ちでした。一人の先生が季節外れにこっそりと年長の畑に植えた大根でした。はっぱ出始めた時に年長の友だちが気付きました。その時から年長の皆さんが世話してきました。
それで今日、保育の最後の日に抜くことになり、変わった形のものと小さな、小さな2本のミニ大根の収穫でした。子どもたちは、こんなに嬉しい顔を見せてくれたのに驚きました。小さなものは大きな喜びにつながるのだと改めて思いました。

神様ありがとう 年中

2023.03.11

3月10日(金)。今年度、年中の最後のお御堂訪問でした。
いつものフィリピンのための献金に加えて今日は、一年間を振り返ってみて、嬉しかったこと、頑張れたこと、成長できたことをパネルに書いて神様にお捧げしました。
怪我したり、病気になったり、けんかもあり、いやなこともあった一年でしたが、その何倍の嬉しいことがあったことに気付きました。今年も無事に終えたことを見守ってくださったイエス様、マリア様に心からの「ありがとう」を捧げた祈りでした。
今日園長先生の話はいつもより少し長かったにもかかわらず皆が姿勢よく聞けたことも成長のしるし。

河川敷まで 年少

2023.03.09

3月8日(水)今日は、朝の用意は早くできました。皆、外に出て散歩することになっているのが分かっているからです。
道路の渡り方や歩き方、外に出る時のルールを身につけることがねらいです。部屋の中で先生からどうしたらいいのか、説明は聞いていますが、実践しようということです。2学期にも行った散歩ですが、前回より前を見て歩くことや、横断歩道では左右を確認したり、早く渡ったりすることができたように見えました。
河川敷に着くと大きな川やボート、グラウンドでサッカーしている人等、見慣れない風景に驚きと興味を見せました。
だるまさんがころんだをしたり、思い思いに坂を走って登ったり、枯草を集めたり、満足していました。
園に帰った時の「あ〜楽しかった」の声があちらこちらから聞こえました。